ベンツ Eクラス E300 概算価格 下取り相場以上 買取査定額

ベンツEクラスE300の概算価格を下取り相場以上の買取査定額にする方法

最低でも800万円程度するベンツEクラスE300が街中で多く走っている様を見ると、誰が買っているのだろうかと不思議に思います。

 

 

レクサスIS250やGS350、LS460Lなどの日本の高級セダンは、法人名義の利用が非常に多いのですが、ベンツEクラスE300個人利用が多いです。

 

 

安くはない維持費のことを考えてもとどうしてかと疑問です。

 

 

国産でも似たような車は少なくないのですが、レクサスなどと比較するとベンツEクラスには多くの優位な点があります。

 

 

まず、車自体のパッケージが優れています。ステーションワゴンタイプのベンツEクラスのカーゴスペースは驚きの大容量です。

 

 

ベンツEクラスE300同様に後輪駆動であるBMW5シリーズ523idツーリングワゴンなどに比べると、荷室の容量が全く違います。

 

 

これは、両方のディーラーに行って比べてみるとすぐにわかります。

 

 

セダンタイプのトランクも同様です。

 

 

日本の高級セダンは、法人の接待利用が多いため、ゴルフバッグの収納数を競いがちです。

 

 

大型ゴルフバッグを4つ入れることを前提にしているモデルもあるほどです。

 

 

しかし、全世界に販売しているベンツEクラスは、そりより大きな意味で使いやすさを重視しています。

 

 

ステーションワゴンの荷室部分だけでも奥行きは1.2メーターほどであり、自転車などの長尺物を乗せることができます。

 

 

実際にされる方は少ないでしょうが、フルフラットになるので、その気になれば車中泊も可能です。

 

 

融通が利くベンツEクラスE300の荷室部分は大活躍です。

 

 

資金的にある程度余裕がある中小企業では、セダンタイプのベンツEクラスを購入することもあるそうです。

 

 

新車からの値下がりが比較的少なく、いざという時に売却できる信頼感があるのです。

 

 

実用性も高く、売却も容易なベンツEクラスE300が高額で買取査定されるのは別に不思議な話ではありません。